皆さんは粗利(アラリ)という言葉を聞かれたことはありますでしょうか?
売上から原価を引いたものが粗利です。

建設業で言えば、売上から材料や賃金・外注費などを引いたもの、
運送業で言えば、売上からドライバーさんの賃金や外注費を引いたものです。

この粗利、個人で3つ、法人だと5つある利益の中で1番大切かもしれません。

こちらを読んでいただければ
1.粗利がなぜ大切なのか
2.いくら稼げばいいのか
3.粗利率ってどう考えればいいのか

が分かります。

1.粗利がなぜ大切なのか

粗利が大切と言いましたが、なぜ大切なのでしょうか?

もちろん、売上も大切な要素です。
営業利益や経常利益、当期純利益など様々な利益も大切です。
しかし、

① 売上だけを大きくしても、原価も多ければ、利益は残らない。

例えば、100万円の売上、90万円の原価ですと、10万円の粗利です。
それを1億円の売上にしても、原価が9,990万円かかっていれば、同じ10万円の粗利になります。
これは極端な例ではありますが、追うのは売上ではなく「粗利」なのです。

② 営業利益以下は、経費を使った結果でしかない。

原価を使って売上を稼ぐ。
その差額が粗利となるわけです。
そして、そこからいわゆる経費が引かれて、営業利益以下が決まってきます。
もちろん、経費をどのようにコントロールしていくかも非常に大切なのですが、稼げるのは粗利までです。
稼いでいる粗利によって使える経費は決まり、逆に必要な経費以上に粗利を稼ぐ必要があるのです。

このような考え方から、中小企業においては、粗利を大切にしていく必要があると考えています。

2.いくら稼げばいいのか

では、粗利はいくら稼げばいいのでしょうか?

他のブログでも書いていますが、まずは「損益分岐点を超える額」です。

つまり、売上-原価=粗利=経費となる金額です。
借入の返済がある場合には、経費に返済額も加えて考えましょう。

その次は、「必要な利益を加えた額」です。

つまり、売上-原価=粗利=経費+利益となる金額です。

例えば、毎月100万の経費を使う会社では、100万以上の粗利が必ず必要になります。

もし、100万に足りないのであれば、基本的に売上を上げて粗利を増やさなくてはいけません。
しかし、売上を増やすためには、経費が必要になってくる場合が多いです。

そうするとどうでしょうか?
必要になる粗利額は更に増えていきます。

どうすれば必要な粗利額を稼げるのか。
パズルの様に考えていく必要があります。

3.粗利率ってどう考えればいいのか

当然、粗利率が良ければ良いだけ、必要な粗利額を稼ぐのは楽になります。

例えば、100万の粗利を稼ぐ必要がある場合
粗利率10%の会社であれば、1,000万円の売上が必要ですが、
粗利率50%の会社であれば、200万円の売上で稼げます。

では、粗利率が高い会社が良い会社なのでしょうか?

土谷会計事務所ではそのようには考えていません。

「必要な粗利額を稼げる会社」が良い会社だと考えています。
それは、業界毎に一般的な粗利率が異なるからです。

例えば、建設業であれば25%くらい、軽貨物運送業であれば15%くらいになるでしょう。
一方、コンサルティング業であれば、100%に近いです。

一般的に、粗利率が高いほど、仕事を獲得しづらいです。
1,000万円の工事を受注することはあるでしょうが、1,000万円のコンサルティングを依頼することは考えづらいのではないでしょうか?

ですので、特に初期は、粗利率を重視し過ぎないように伝えています。

あくまでも「粗利額」を稼げる事業を進めていくべきで、創業期においては、特にそうしていく必要があります。
必要な粗利額を稼げるようになったら、より粗利率が良い得意先、仕入先を開拓していくべきです。

このように、その会社の状況により、必要な粗利額を稼ぐためにどこに手を打てばいいのか、額と率のどちらを重視すればいいのかは変わります。


土谷会計事務所では、個人事業主から法人まで幅広くお手伝いしております。
初回面談0円でご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。