軽貨物運送業 埼玉県上尾市
株式会社星野運送 様

事例紹介

星野運送様のお悩み


星野運送様は、個人事業として創業3年経ちましたが、自分が走っているだけで稼げず、なかなかお金が貯まっていかないため、委託ドライバーの採用も進まないことがお悩みでした。

お悩み解決までの流れ


まずは、過去の確定申告書を見せてもらいました。
星野様は多くの個人事業主さんが行っているように、「節税のための確定申告書」を作っていました。
そのため、融資も受けることができず窮地に陥っていました。

委託ドライバー数を増やすには、

  • 資金が必要な事
  • スピード感を持って資金を増やすためには融資が必要な事
  • そのためには「金融機関が見て良いと思う」確定申告書を作る事

これらが必要だという事を伝え、実践していっていただきました。
資金繰りや経費の範囲だけでなく、この案件は受注すべきはどうかの判断までお話しし、1年間頑張っていただきました。

その年の後半から、案件の受注状況が改善し、ドライバーが増やせる状況になり、1名、2名と採用ができました。

そして、出会って初めての確定申告書を作り、金融機関への借入を申し込み。
無事、審査も通過し、借入をすることができました。

出会った頃には、1名もいなかった委託ドライバーさんが、1年経つ頃には、10名以上まで拡大し、現在社長は徐々に現場を管理する側に回っています。
また、今後、半年で30名を目指してやると強気で頑張っていらっしゃいます。

お客様の声


「土谷さんとは同業の社長にご紹介いただいて、初めてお会いしました。
話していて、軽貨物の事を知っている税理士さんなんだなと感じました。
もちろん、現場に関しては僕の方が詳しいですが、会社をどうするのかは、土谷さんのアドバイスに従ってやると、不思議なんですが全部が上手くいっています。
3年間も苦しんでいたのが嘘のようで、もっと早く出会っていれば良かったなと思います。」